五月人形

五月人形の価格相場

最新情報

  • 3/2 ・・・「端午の節句に飾る」を更新しました!
  • 4/27・・・「五月人形の飾り方」を更新しました!
  • 4/26・・・「五月人形の兜」を更新しました!
  • 4/24・・・「久月の五月人形」を更新しました!
  • 4/23・・・「端午の節句」を更新しました!
  • 4/22・・・「五月人形の価格相場」サイトをリニューアルしました!

五月人形の価格相場

 五月人形の価格相場には幅があり、五月人形の種類でも価格がかなり違ってきますので、どういったタイプにするのかを決めておくことが先決です。また一生のお祝い記念となる縁起ものですから、それなりにかなり高額なお値段になります。 まず、価格の相場はどのくらいなのかを、前もって知っておいた上で人形店で選ぶなり、通販でお求めになるなりしたほうがいいでしょう。
五月人形の種類には大きく分類すると、「鎧飾り」「兜飾り」「大将飾り」に分けられます。 相場を知る前にどのようなタイプのものを飾りたいのかを決めておくと購入時に迷わなくてよいかと思います。 「鎧飾り」は五月人形のなかでも正統派の飾りといった作りで、頭から胸、腰、足まで、すべての防具が揃っている飾りつけといえます。
「 兜飾り」は、兜のみの飾りになります。先程の鎧飾りの兜より、兜の大きさは大きくなり、精密な仕上げで吹き返しや装飾金具などが豪華で手の込んだ造作になっています。 そして、鎧兜が一緒になった「大将飾り」は人気があり、子供の武者人形に鎧を着せた飾りになります。
鎧飾りの価格相場としては低価格の五月人形から高額のものまでで、7万〜100万円程度と最も高額な飾りになります。 兜飾りの相場は、5万〜5,60万とこちらも幅が広いお値段になるでしょう。 大将飾りの相場は、6万〜3、40万円までの間になると思います。
なお、相場価格には、低価格のものから高価なものまでと幅があります。ですから上記にあげた「相場」はあくまでも目安ですから明確な価格ではなく通常は「定価」がないと思っていた方がいいでしょう。
五月人形を選ぶにはお値段も大切ですが、価格を決める最大のポイントは、人形の素材の良し悪しに加え職人さんの技であったり手の込んだ作業と手間賃などに左右されていると言えます。 一見、どれも豪華に見えても、メッキの金具と金箔仕様を比べてみても、仕上がりや価格にも当然違いが出てきます。
また、鎧などの縅(おどし)の素材や作りが正絹なのか化繊素材が使われているのか、或いは縫い付けの手間がどれほどが掛かっているのかといった細かい仕上がりによって価格が大きく変わります。 見た目の派手さも五月人形選びの重要なポイントですが、しっかりと作られたものを探して、後々後悔しない納得のいく五月人形をお求めになるとよいでしょう。


「五月人形の価格相場」写真